千倉書房 連載ブログ

千倉書房 連載用ブログ


TPP時代の関税?その?ケース3 無償の金型提供

Q 弊社は中国の会社から、自動車の部品を輸入しています。中国の会社に対し輸
入貨物に必要な金型を無償提供しました。この金型は、輸入貨物の課税ベース
に含めるべきものですか? 無償提供ですから、含めてもゼロとなります。
A 含めるべきです。
あるべき通関価格には、当該輸入貨物に関し、買手(輸入者)により無償でまた
は値引きして提供された物品、または役務の費用を含むことになっています。無償
金型は独立第三者間なら決めたであろうマーケット価格を算定し、課税ベースに含
めるべきです。日本では、自動車部品には関税は課せられませんが、輸入消費税が
あるべき通関価格に対して課せられます。今回の場合は、修正申告すべきです。修
正申告の場合、ペナルティである過少申告加算税は課せられません。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。