千倉書房 連載ブログ

千倉書房 連載用ブログ


TPP時代の関税?その?ケース2 エンジン開発サポート費用

Q 弊社はドイツの会社から、エンジンを輸入しています。日本からドイツの会社
に、技術者を派遣し、エンジン開発をサポートしました。輸入貨物のインボイ
スにはエンジン本体の価格を決済金額として記載されています。技術者派遣に
関する費用は、関係がないと思い別になっています。何か問題がありますか?
A 問題あります。
あるべき通関価格には、当該輸入貨物に関し、買手(輸入者)により提供された
役務の費用を含むことになっています。日本では、エンジンには関税は課せられま
せんが、輸入消費税が課せられます。今回の場合は、修正申告すべきです。修正申
告の場合、ペナルティである過少申告加算税は課せられません。修正申告しない場
合は、後に税関の事後調査(国税における税務調査にあたります) で指摘され、輸
入消費税とペナルティである過少申告加算税、延滞税が課せられます。

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。